SSブログ
前の10件 | -

西伊豆松崎町でミックスフライ定食を食べる。(民芸茶房)【2021年3月27日(土)】 [食べる]



 今シーズンのお初ツーリング。

 お昼に西伊豆の松崎までやってきました。 毎度の西伊豆日帰りツーリングのパターン。


torikama-line.jpg


11:54 新規開拓(浮気)

IMG_5375.jpg


 昼時に松崎まで来ると、訪れるのはほとんど”さくら”。

 ですが、今日は違うんです。
 
 新規開拓と言う名の浮気?(笑)

 お店近くの駐車スペースにバイクを駐めて、お店に向かいます。



11:55 民芸茶房

IMG_5376.jpg


 訪れたのは、松崎港にほど近い場所にある”民芸茶房”。

 出発前にネットで調べてきた、お初のお店です。

 命名からして、外向き(観光客向け)のお店。
 お隣の豊崎ホテル直営の磯料理店だそうです。

 個人的には、地元民が通うようなお店の方がどちらかと言えば好みですが、今日は志向変えて。たまには。

 行列が出来るとイヤなので、もう少し早く到着したかったけど。

 それでは、入店しましょう。

 ラッキーにも、待っているお客さんは自分の他、一組だけでした。



12:06 生魚は

IMG_5379.jpg


 10分ほど待って、席が空いたので、6人くらいは座れる大きな木の切り株のテーブル席に案内されました。
 一人で占領。 (^_^;)

 後から入ってきた家族連れが待っているので恐縮しちゃいます。
 コロナ禍じゃなかったら、相席なんでしょうけどね。


 本日のおすすめは、お刺身+炭火焼アジ。
 心が動きますが、頼まない。

 なぜって、今晩の夕食がにぎり寿司だから。(^_^;)
 なので、お昼は生魚はパス。
 (磯料理店を訪れて、「生魚をパス」と言うのは、いかがなものか。)



12:07 注文は

IMG_5380.jpg


 生魚が(選択肢に)無いなら、(キンメの)煮魚とかもありますが・・・。
 味付けにも寄りますが、味付けが”甘すぎる”とイヤ。
 ご飯のおかずとして、甘すぎる煮魚は苦手です。(わがままです)

 で、注文したのは”ミックス●●”を定食で。(隠れて読めない)(笑)

 写真を見た感じ、たぶんフライだろう。(笑)

 値段もわからないけど、たぶん1,000円台。
 百円台とか1万円台とかは、あり得ないよね。



12:17 小鉢

IMG_5382.jpg


 10分ほど待って、まずは小鉢類が運ばれてきました。

 右から、イカの塩辛、ひじきの煮付け、松前漬けっぽいの、そして奥はたくあん。
 美味しそう。

 ビールでも飲んで、つまんで待つ。 と言うわけにはいかない、バイクだから。



12:24 料理がそろう

IMG_5383.jpg


 しばらくして、メインのミックスフライとご飯、みそ汁が運ばれてきました。

 料理がそろったので、それでは、いただきましょう。



12:24 フライは

IMG_5384.jpg


 ミックスフライの内訳は、アジとタイ、イカ、エビの4種。

 タイのフライはめずらかなり。

 他の3種は定番ですよね。
 アジは流石に地元で揚がるだけあって、ホクホクで美味しいです。
 半身だけだったので、ちょっと物足りません。 丸々一匹食べたいですね。

 イカ、エビも美味しい。

 タイは・・・・、タイだ。(笑)

 美味しい。 けれど、フライにするにはちょっと淡泊すぎるかな。
 この辺りが、タイのフライがポピュラーにならない理由かな。 



12:36 ごちそうさま

IMG_5386.jpg


 完食。
 じゃ、なかった。 ミカンが残ってる。
 けど、写真を撮ってから食べましたよ。(笑)


 「ごちそうさまでした。」 <(_ _)>

 「美味しかったです。」


 1,650円なり。



12:39 お店の外に

IMG_5387.jpg


 順番を待っている人も居るので、早々に会計を済ませて店をでます。

 なんせ、6人ぐらい座れるテーブルを一人で独占してますから。
 「待っている人の視線が気になるぅ~。」
 意外に気が弱いんです。(笑)



12:43 松崎港へ

IMG_5389.jpg


 出発前に、ちょっと散策。

 お店のすぐ近くは松崎港。

 こうした春の日に漁港を散歩するのは、のどかで良いもんです。


 狭い港をざっと歩いて、それではバイクを駐めている場所に戻ります。



12:48 バイクに戻って

IMG_5390.jpg


 バイクのところに戻って、出発しようとスマホをホルダーに付けようとしたら・・・。

 ポロッと!
 ホルダーが取れた!

 右の黄色い○のところね。
 左の赤い部品が、左右対称に付いているんだけど、折れて落ちました。

 まあ、スマホのナビが無くても、帰れるからいいんだけど。

 また、買わなきゃならないのは、散財だなぁ。

 まあ、とりあえず出発の準備。



(つづく)

nice!(14)  コメント(1) 

西伊豆松崎ツーリング(前半)【2021年3月27日(土)】 [バイク]



 3月も後半になり、すっかり寒さも緩んできました。
 暖かくなると、バイクで走りたくなります。 


 緊急事態宣言が明けた次の週末、ソロでツーリングに出かけることにしました。


 行き先は、まだ北の方は雪の影響とかもあったりするので、毎度のパターンでシーズン初めは伊豆方面です。


torikama-line.jpg


8:12 ツーリングの朝は

IMG_5350.jpg


 ちょっと出遅れ。

 この週末は日曜日にK2Y主催のツーリングの予定があったんですが、日曜日は天気が崩れる予報で、中止になりました。

 それならばと、天気が崩れる前の土曜日の今日、ツーリングに出かけることにしました。

 ガレージからリッターバイクのGSX-Rを引っ張り出します。
 今シーズン初、昨年11月末に乗ったきりなので、だいたい4ヶ月ぶりです。
 (正確には、正月に社宅まで荷物を取りに往復してますが)



8:16 タイヤの空気を

IMG_5349.jpg


 4ヶ月ぶりの走行になるので、走行前にタイヤのエアー圧を確認。

 「あら、減ってない。」

 自然減と気温が高くなった分が相殺されたみたいです。

 コンプレッサーを引っ張り出す手間が省けました。(笑)



8:16 走り始めの

IMG_5351.jpg


 走り始めの距離は

 26,887 km

 ツーリングの行き先は、毎度の西伊豆です。

 神奈川からのツーリングだと、本格的な冬になる前に伊豆でツーリングを終えて、春の気配が感じられる頃に伊豆に向けてのツーリングで始まります。
 (自分の場合)
 房総半島だと、ほぼほぼ一年中、ツーリング出来ますけどね。

 GSX-Rでの今シーズンのツーリング初めも西伊豆です。


 それでは、出発します。



8:52 吉野家に寄る

IMG_5352.jpg


 自宅のある横須賀を出発して、国道134号線に入り、湘南の海沿いを走り、江ノ島近くにあるいつもの吉野家までやってきました。

 ”吉野家 134号線江ノ島店”。 江ノ島にはないけど、江ノ島の対岸。

 ちょっと遅い朝食を食べます。

 出発前に自宅で食べてから出発するか迷ったんだけど、久々に”吉牛”食べたかったんでね。



9:36 西湘パーキング

IMG_5355.jpg


 吉牛 134号線江ノ島店で牛丼を食べた後、ふたたび国道134号線を西走。

 その後、国道1号線のバイパス、西湘バイパスに上がり西走を続け、西湘パーキングまでやってきました。 ちょっとおしっこ。(笑)

 下り線側の西湘パーキングは201910月の台風19号の到来により、護岸がさらわれて施設が被災しました。
 現在、修復中ですが、仮設トイレと数台の自販機は設置されています。

 相模湾沿いは海岸浸食が以前に比べると、ここ10年ほどは頻繁に起こるようになった気がします。(統計的な根拠はなくて、個人的な感覚です)

 ふと考えると、相模川の上流にある宮ヶ瀬ダムが竣工したのが2000年なので、それに伴って相模湾に砂の流入が少なくなったんじゃないかと、思ったりします。
 西湘パーキングに係わらず、国道134号線も砂浜が痩せてしまい、護岸を補修している箇所を何箇所か見かけることがあります。



9:48 西湘バイパスで

IMG_5358.jpg


 西湘パーキングで休憩した後、引き続き西湘バイパスを西走して、箱根口までやってきました。

 西湘バイパスを使うと、楽だ!

 原チャリ2種のGROM だと走れないからね。
 ので、一般道の方の国道1号線を走るんだけど、信号も多いし時間もかかる。



9:59 箱根新道を

IMG_5360.jpg


 西湘バイパスから直接接続して、箱根新道へ。

 混んでる。 今日は混んでる。

 先週21日で首都圏の緊急事態宣言が解除されたこともあり出掛けた人が多いんだろうね。 自分もその一人にだけど。 (ーー;)

 日曜日の午後に、東京方面に向かう反対車線が渋滞することは多々ありましたが、静岡方面に向かうこの車線で、こんだけ交通量があるのは、初めてかもしれない。
 恐るべし、緊急事態宣言 解除。



10:04 箱根峠は

IMG_5361.jpg


 箱根新道を上り、静岡県との県境になる箱根峠までやってきました。

 道路標示の温度計は 12℃ と2桁の気温。

 春だね。

 少し肌寒いけど、今日のルートだとここが一番寒い場所だから、後は伊豆方面に向かえば暖かくなるだけです。



10:17 三島の下りは

IMG_5362.jpg


 箱根峠から三島方面へ国道1号線を下り、まもなく伊豆縦貫道との交差点に差し掛かります。
 その交差点を左折して、伊豆縦貫道に入り、伊豆市方面を目指します。


 箱根峠から三島市の市街地までの国道1号線は最近バイパス化が進み、以前に比べると走りやすくなりました。
 ただ、箱根峠へ向けての登りは、登坂車線があったりして2車線の区間が多いのですが、三島の市街地に向かう下りは、ほぼ全線にわたって1車線です。
 ので、前に大型車が居たりすると、バイクで軽快に走れないですね。
 下りも2車線の区間を(たくさん)作って欲しかったなぁ。

 また、この路線沿いにあった日本最長の人道吊橋の三島スカイウォークの出入口はバイパス化により脇道になったことから、週末の駐車場待ち渋滞で詰まることがなくなり、快適に通過できるように なりましたね。



10:27 道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(かんなみ)

IMG_5364.jpg


 三島塚原インターから伊豆縦貫道に入り南下し、道の駅 伊豆ゲートウェイ函南までやってきました。

 昨年11月末に立ち寄った時は開店の準備中だったタリーズも営業を開始してますね。



10:50 静岡県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)で

IMG_5367.jpg


 道の駅伊豆ゲートウェイ函南で休憩したあと、いつものルートで西走して、駿河湾沿いの県道17号沼津土肥線を走行中です。

 県道17号線に入り三津(みと)シーパラダイスを過ぎるころには、クルマの台数もいつものように減ってきて、海を見ながら快適に走れるようになりました。

 季節は春の陽気になり、気温の上昇にともない湿気が増えて、視界が悪くなりました。


 今日は富士山は見えません。



11:01 県道127号船原西浦高原線(ふなはら にしうらこうげん せん)で

IMG_5369.jpg


 県道17号線で三津シーパラダイスを過ぎ西走を続け、西浦古宇(にしうら こう)と書いてもわからない、右手に名無しの青い小さいガソリンスタンドを過ぎたら、道路看板にしたがい、その先の交差点を左折。
 今度は、県道127号船原西浦高原線に入ります。
 県道127号線で山間部に入り南下して県道18号修善寺戸田線(しゅぜんじ へだ せん)との交差点までやってきました。

 西浦古宇からここ戸田(所番地無し)までの県道127号線は、途中にある真城峠(さなぎ とうげ)を最高地点とするワインディングロードです。
 交通量は少なく快適にバイクを走らせることができます。
 が、それはリッターバイクだから。
 峠の前後は縦断勾配が10%前後あるので、原付2種のGROM で走ると登りはきついです。

 このT字路を右折して、戸田の市街地を目指します。



11:08 戸田(へだ)の市街地から

IMG_5370.jpg


 県道18号線を下って戸田の市街地までやってきました。

 この先で県道17号線に突き当たって、県道18号線は終了です。

 県道17号線へは左折して、松崎、土肥方面を目指します。

 
 今日も毎度のパターンで松崎まで行ってお昼を食べようとたくらんでいます。

 ここまでの県道18号線は、前半は急勾配。
 かなりの下り急勾配で、雨の日だったら前輪をすくわれそうでバイクで走りたくないくらいの急勾配。

 途中、桜が咲いていてきれいでしたが、お昼前に松崎まで到着したいので、停まらずにきました。 花より団子です。(笑)



11:24 土肥(とい)の市街地

IMG_5373.jpg


 戸田の市街地から県道17号線に復帰して、ふたたび駿河湾沿いを走り、土肥の市街地までやってきました。
 この交差点で、県道17号線は終わり。
 目の前を走っているのは国道136号線になります。
 松崎はこの交差点を右です。 ちなみに正面方向に進むと修善寺方面。

 ここまでの県道17号線は、駿河湾沿いを走る路線です。
 ほぼ全線センターラインのある片側1車線で対面通行の路線です。
 海岸線近くの海抜の低いところから、250mほどの高さの断崖絶壁の上部までを縫うように走ります。
 交通量は少なく、この区間もバイク ライディングを楽しむことができます。
 ただ、舗装は荒れているところもありますが・・・。 (-_-;)

 ここから先、国道136号線に入ると交通量が増えます。
 この先には景勝地で観光地の堂ヶ島があります。



11:54 松崎に到着

IMG_5375.jpg


 土肥の交差点からバイクを走らせること30分ほど、松崎の市街地までやってきました。

 「おっと。」
  今まで訪れていた松崎と景色が違います。

 今日は昼時に松崎にくるといつも訪れる”さくら”ではありません。


 志向を変えて新規開拓。
 
 続きは、次回の記事で。(笑)



往路の道程:自宅(横須賀)~箱根~戸田~土肥~(松崎町) :

(途中からGPSの軌跡が取れてませんでした。)

20210327-1.jpg



(つづく)

nice!(19)  コメント(2) 

横須賀でネイビーバーガーを食べる。(ハニービー)【2021年3月24日(水)】 [食べる]


 自宅のある横須賀には、2大B級グルメがあります。

 一つは”横須賀海軍カレー”、もう一つは”ヨコスカ ネイビー バーガー”。

 60年近く横須賀市民だけど、両方とも食べたことはな~い。( ̄。 ̄;)

 そもそも、自分が子供の頃はなかったからね。

 横須賀海軍カレーは1999年、ネイビー バーガーは2008年から、町おこしの一つとして、ご当地グルメに仕立て上げたのが始まりです。


 なので、元々地元にあったものじゃなくて、自分(の歳)からすると、後発。


 マクドナルドでさえ、日本進出の1号店は1971年で、自分が7歳のときだ。(爆)


 

torikama-line.jpg


11:59 ヨコスカ ネイビー バーガー

DSC_0001_BURST20210324115934494.jpg


 で、枕が長くなりましたが、ヨコスカ ネイビー バーガーを食べます。


 能書きが長くなるのは、年寄りの特徴だ。(笑)



12:00 ハニービーで

DSC_0871.jpg


 今日は仕事の下見で事務所のある足立区から地元の横須賀までやってきました。
 仕事仲間と一緒。

 ちょうど昼時に到着。
 仕事仲間曰く、「せっかくなので横須賀の名物を食べたいな。」とのリクエスト。
 自分も食べたことはありませんでしたが、それではネイビーバーガーでも食べましょうか。と言うことに。

 訪れたのは、ハニービー。

 横須賀のアメリカ海軍基地のゲート前にあり、ネイビーバーガーが世に出る前から、アメリカン ダイニングを提供しているレストランです。

 普段、休日の日曜日だと、店の前にズラッと行列が出来るので、自分は近寄りませんが。
 今日は、平日なので流石に並んでないだろうなぁ。 と思ったら、並んでました。
 でも、2組だけ。

 偶には待つことにします。 (時間の余裕もあるし)



12:17 注文は定番の

DSC_0872.jpg


 15分ほど待って、店内に通されました。

 席はカウンター。 4人がけのテーブル席もありますが、2人なので。

 早速注文、まずは定番のネイビーバーガーでしょうね。

 コンボ(セット)があったので、それを注文。(税抜き 1,800円))

 コンボは、ネイビーバーガーとフライド ポテト、飲物がセットになっています。 

 訪れるお客さんのほとんどが、これをチョイスしているようです。



12:23 まずはコーラ

DSC_0873.jpg


 まずは、飲物が運ばれてきました。

 頼んだのは、コーラ。

 まあ、定番でしょう。


 お店の中は、アメリカン ダイナーの雰囲気。 なのかな。
 アメリカ本土に行ったことないから知らないけど。(笑)



12:37 到着

DSC_0874.jpg


 ちょっと待つ。


  お店の人は全然焦ってません。 ウェイティングがかかってますが。
 いつものことでしょうから、行列が出来たからってバタバタと焦ったら、体が保たないんだろうね。

 注文から20分ほどして、ネイビーバーガーが運ばれてきました。

 「でかっ!」

 いや、大きいですよ。

 今まで、ネイビーバーガーを食べなかった理由の一つは、ハンバーガー1つじゃお腹一杯にならないと思っていたから。
 でも、この大きさだったら、1個で十分ですね。



12:38 グワッシと

DSC_0876.jpg


 グワッシとつかんで、少し潰し気味にして。

 そのままだと、口に入りませんよ。(笑)

 ハンバーガーのパティの大きさはハーフ ポンドだって。
 グラムにすると、226グラム。
 十分な大きさです。

 それでは、「いただきます。」

 「おおっ、美味いぞ。」
 チェーン店の様な乾いた感じはなくて、ジューシー。
 火の通りも、ミディアムくらいで自分好み。

 「へぇ~。伊達に食べログの”百名店”になっていることはありますねぇ。」



12:42 味変

DSC_0877.jpg


 パティの味付けは、基本の塩・コショウだけ。(たぶん)

 テーブルの上に、ケチャップとマスタードが置いてあるので、お好みで。

 自分も半分くらい食べたところで、ケチャップとマスタードで味変。

 上からかけると、レタスの上にかかって食べにくそうなので、食べやすいようにひっくり返して、バンズとパティの間に塗り付けます。
 ネットで他の記事を見ていたらと、「ひっくり返してケチャップとかをかけるのは、通ぶった食べ方です。」って書いてあった。


 知らずにそれをやってしまった。 カッコ悪~っ。(笑)



12:51 完食

DSC_0878.jpg


 完食なり。

 ハンバーガーもちゃんと作ると、美味いもんですね。

 「美味しかったです。」 <(_ _)>



12:57 店を出る

DSC_0879.jpg


 仕事仲間が食べ終えたところで、お勘定をして店を出ます。

 ホントはもう少し、アメリカの雰囲気に浸っていたかったんですけどね。

 他のお客さんが待ってますから。
 凄いね。 平日なのに列が出来るなんて。


 値段は、税込みで1,980円 と少々お高い。
 まあ、観光地価格みたいなもんかな。
 地元民としては、やっぱりお客さんがきたときに案内する程度かな。
 (個人的な意見です。)
 これが1,300円程度だったら、たまには食べに来てもいいかなぁ。と思いました。

 「ごちそうさまでした。」 



(おわり)

nice!(15)  コメント(6) 

筑波サーキット練習走行(71発目:走行2本目)【2021年3月20日(土)】 [バイク]



 今日は今シーズン初、筑波サーキットに練習走行にきています。


 2005年の5月から走り始めて、今日で71回目。 



torikama-line.jpg



10:01 もうすぐ次の走行

IMG_5319.jpg


 1本目の走行は終わって、もうすぐ2本目の走行が始まります。



10:0510:25 A2クラス

20210320-2.jpg


 10:05 になり A2クラスの走行が始まりました。

 今日は4ヶ月ぶりの走行なので、体を慣らすのがメインの課題。

 スピードに目が付いていくか、とか、体がちゃんと切れているか、とか、タイヤのグリップ感をちゃんと感じているか、とか。
 年々、加齢とともに体が思い出すのに時間がかかるようになってきたのを感じます。(汗)

 2本目の走行は、最初からそれなりのタイム。

 シーズン中だったら、これより2秒くらい速く走れるかな。
 3秒以上速く走れたら いいな。(^_^;)

 今乗っている2010年式のCBR600も今年で3シーズン目。

 それまで乗っていたバイクよりも、バイク自体は速いんだから、もう少しタイムが・・・・。
 って、今日はシーズン初走行、タイムの事は言わない。(笑)


20210320-lapchart.jpg


 グラフを見れば一目瞭然。

 1本目より2本目の方が平均してタイムは良いし、前が詰まっているときはダメだけど、基本右下がりなので段々慣れているのもわかります。

 ブレーキングにしても、コーナーリングにしても、立ち上がりのアクセルの開け方にしても、まだまだ余裕をもって走っているのはわかっているので、次回以降で少しずつがんばりましょう。

 と言うことで、12週目に本日のベスト7秒1、16周回して2本目の走行は終了です。



10:30 戻る

IMG_5320.jpg


 コントロールタワーでチェッカーを降られ、ピットインしてハイエースのところに戻ってきました。

 今日も無事終了。(^_^)v



10:30 ピットインしたら

IMG_5321.jpg


 ピットインしたら、まずはタイヤのエアー圧をチェック。

 リヤもフロントも少し下がってる、5kPa(=0.05kgf/cm2)くらい。

 チェッカー降られてからコースを1周してピットインしているので、多少エアー圧が下がるのは、許容範囲でしょう。
 走行後に下がりすぎとか、上がりすぎとかじゃなければ。
 その確認みたいな感じかな。



IMG_5322.jpg


 リヤタイヤはスリップマークが見えているので、次回の走行までに交換することにします。

 ケチ臭いことを言えば、もう少しは走れそうなので、エビス サーキットの走行会の時にでも使おうかな。
 (そんなにケチケチすると、転倒したりして、得てして高いもんに付いちゃうんですよね)(爆)



10:30 フロント側は

IMG_5323.jpg


 フロント側はまだ大丈夫。

 ですけど、次回までには前後セットで交換します。



10:35 押し忘れ

IMG_5324.jpg


 タイヤのエアー圧とか計った後、P-LAPのタイムを書き写そうと思ったら・・・・・。
 「取れてな~い。」

 走行前にスタートボタン 押し忘れました。(汗)


 なので、2本目のタイムはGPSローガーに記録されていたタイムです。



10:36 残ストローク

IMG_5326.jpg


 残ストロークを確認。

 走行前に、フロント フォークにシリコン グリスを塗っておきました。

 走行が終わって、残ストロークを確認。

 35mmくらい残ってますぜ。
 全然、使えてない。 (^_^;)

 
 それでは、一通りチェックも終わったので、片付けることにします。



11:08 まずはバイクから

IMG_5329.jpg


 ハイエースに積むのは、まずはバイクから。

 一応、スペアホイールに新品のタイヤ付けて、持ってきてましたよ

 使わなかったけど。



11:13 片付けた

IMG_5330.jpg



 全部、積み込み完了。

 タイヤウォーマーとか、発電機とか、最小のスペアぱーつとか、とかとか、そこそこの荷物です。(笑)

 

11:15 今日のコンディションはIMG_5332.jpg


 片付けが終わったので、パドックを徘徊。
 じゃなくて、まずは今日のコンディションをチェック。

 1本目の走り出しの気温は 12.4℃。 ちょっと寒い。
 路面温度は18.6℃ なので、ちょっと低めですけど、良いコンディションだと思います。

 

 

11:16 腕章を

IMG_5333.jpg


 一人で走るときに着ける腕章。

 無事に走行を終えて忘れずに返却。

 

 

11:16 ライセンス カードを

IMG_5334.jpg


 昨年11月に走行にきたときに、ライセンス カードが割れているのに気づきました。
 けど、更新するの忘れてました。

 カードを新しくする申し込みをします。

 電話で申し込みの振込書を送ってもらうこともできますが、せっかく筑波にきているので。

 

 

11:17 新しいライセンスは

IMG_5336.jpg


 窓口は、走行券の販売所。

 午前中の走行もほぼ終了しているので、空いてます。

 で、カードの発行手数料 2,000円を払って、手続き完了。

 カードが出来るまで、1ヶ月くらいかかるそうです。
 出来たら、送ってもらえます。

 

 

11:21 忘れてた

IMG_5337.jpg


 いつもの定点観察。

 1ヘアピンからだと、位置的に反対側なので、忘れてましたよ。

 天気は曇りですね。

 例年の3月で曇っていたら、寒いですが、今日はそれほどでもなかったですね。
 練習走行日和でした。

 

 

11:31 モツ煮定食


IMG_5340.jpg


 今日、筑波サーキットを訪れた、もう一つの目的がこれ。

 モツ煮定食。 略称、モツ定。

 ちゃんと完走した時に食べられる自分へのご褒美。 (^_^)v

 4ヶ月ぶり。 夢にまでは見なかったけど。(笑)



11:43 満足・完食

IMG_5342.jpg


 言わずもがな、完食。

 「美味しかったです。」

 ホントは汁まで全部飲み干したい。

 でも、塩っぱくて、オイリーな汁は、はっきり言って体に良い訳がない。
 特に自分の様な高齢者には。 (-_-;) 


 偶には違うのを食べてみようと、・・・・・思わない。(爆)
 モツ煮一択。



11:52 帰る

IMG_5346.jpg


 モツ煮も食べたので、帰ります。


 今日は楽しかった。
 やっぱり街中と違って、スピード気にしないで、アクセル全開にできる爽快感は、何ものにも変えられないですね。(タイムは良くなかったけど)

 走行会レベルでタイム気にしないで走るのも悪くないけど、どこまで我慢できるかな。
 慣れてくると、やっぱりタイムを気にしちゃうんだろうね。

 それでは、帰ります。



12:55 社宅に帰着

IMG_5348.jpg


 筑波サーキットを出発して1時間、足立区の社宅の駐車場に戻ってきました。

 週末の夕方になると、常磐道の上り線は大渋滞が必至ですが、この時間だとスルッと帰ってこられますね。

 1時間で戻ってこられるのは、楽だわ~。



12:55 走行距離は

IMG_5347.jpg


 ここまでの距離計が、35,924 km で、
 社宅を出発した時点が 35,818 km だったので、
 走行距離は 31,257 31,075 106km

 社宅 ~ 筑波サーキットは 54 km ですね。

 近い。

 お疲れちゃんでした。


(おわり)




nice!(13)  コメント(2) 

筑波サーキット練習走行(71発目:走行1本目)【2021年3月20日(土)】 [バイク]



 この週末は、今シーズン初、筑波サーキットに走りに行きます。

 以前の記事のどっかにも書いた様な気がするけど、2月の終わりにも筑波サーキットに走りに行こうかと思い予約をしてありました。
 けど、寒くてキャンセル。
 天気予報だと、走行1本目は一桁台の前半の温度、2本目でも一桁台の後半の温度の予報でした。
 めっきり寒さに弱くなりました。 と感じます。 歳だね。


torikama-line.jpg


534 筑波サーキットに行く朝は

IMG_5294.jpg


 いつもの様にちょっとだけ早起き。

 さて、今日は足立区の西綾瀬にある社宅からスタートします。


 足立区に移り住んでから2回目。



5:37 2回目なので

IMG_5295.jpg


 今日も筑波サーキットまでの距離を記録しておきましょう。
 ハイエースの距離計の写真を撮っておきます。

 走り初めの距離計は

 35,818 km


 それでは、出発です。



551 三郷本線料金所

IMG_5297.jpg


 社宅のある足立区を出発して、下道をちょっと走り、加平インターから首都高速三郷線に上がり北上。

 そのまま常磐自動車道に接続し、三郷の本線料金所までやってきました。


 記事を書いていて思ったのが、2017年以降、筑波サーキットの練習走行って、年に2~3回くらい。
 単身赴任をするようになってからですね。
 以前に比べると、全然減ってます。

 今更、ガンガン上手くなろうとは思ってはいませんが、加齢による衰えには抗いたい。 とは、思っています。
 できれば、シーズン中は、月1回ぐらいは走りたいと思っています。



6:36 コントロールタワーが

IMG_5299.jpg


 常磐自動車道を谷和原インターで降り、そこからは下道。

 30分ほど走ると、右手に筑波のコントロールタワーが見えてきました。



637 筑波サーキットに到着

IMG_5300.jpg


 社宅を出発して、ちょうど1時間、筑波サーキットに到着しました。

 前回走ったのが、1114日だったので、4ヶ月ぶりの練習走行になります。

 
 さて、インフィールドはハイエースを駐めるところは空いているかな。



640 1ヘアピン裏

IMG_5302.jpg


 ピットはもちろんですが、普段駐めるとこが多いS字裏の駐車スペースも一杯でした。

 シーズン到来って感じですかね。

 パドックから流れ流れてたどり着いたのは、1ヘア裏。

 今日の発進基地はここにします。



6:43  バイクを降ろす

IMG_5303.jpg


 場所が決まったら、さっそく荷物を下ろして、走行の準備を始めます。



650 空気圧をチェック

IMG_5304.jpg


 バイクを下ろしたら、いの一番に袋やウォーマーを付ける前にエアーのチェック。

 「漏れてな~い。」(笑)



655 タイヤを温める

IMG_5306.jpg


 エアー圧のチェックをしたらタイヤウォーマーを巻いてタイヤを温めておきます。

 走行まで、2時間弱。

 ここからは、時間の余裕があるのでのんびり準備します。


 バッテリーは充電してきたけど、4ヶ月ぶりなので、エンジンをかけてチェックをしたいところだけど、エンジンをかけていいのは近隣の住民に対する配慮で7時20分から。
 まだ、エンジンをかけちゃダメよ。(笑)



7:01 パッドの残厚

IMG_5307.jpg


 ブレーキパッドがボチボチ終わりなので、残厚を確認。

 このモリワキのパッドの使用限度は6mmで、厚さを測ったら7mmくらい。
 今日の走行分くらいは大丈夫そうです。



7:10 チェーンを

IMG_5309.jpg


 チェーンを点検。

 ちょっと延びが気になるので、ちょっとだけチェーンは引いておきます。

 こんなのサーキットにくる前に整備しとけ。ってか。(笑)
 
 場内アナウンスで何か言っているみたいなので、ピットの方に行くと、ブリーフィングをやっていました。
 途中からですが、参加します。




8:05 走行券を

IMG_5311.jpg


 ブリーフィングから戻って、ガソリンを買いに。

 その帰りにコントロールタワー脇で走行券を購入。



8:10 今日はAクラスで

IMG_5312.jpg


 走行券を買ってきました。

 今日はAクラス。

 久しぶりの練習走行だし、今日はBクラスより気負わないで走れるAクラスで走ります。

 今日の練習は、頑張って走るBクラスより、走行会感覚で走れるAクラスでいいかな。と思った次第。
 久しぶりに走って、どれくらい走れるかな。と思って。

 1本目のA1は8時50分からです。



8:15 ガソリンを入れる

IMG_5313.jpg


 1本目の走行の準備。

 ガソリンを入れます。

 1走行分7リットル。

 1回の走行20分だと6リットルで足りるんだけどね。



8:17 ラップタイマーを

IMG_5314.jpg


 ラップタイムを表示するのに、スマホで表示出来るGPSラップタイマーを使っています。
 GPSのラップタイマーの信頼性がイマイチなので、その他にP-LAPも併用。
 GPSラップタイマーは、走行中の確認用。
 P-LAPは記録用で使い分けてます。
 めんどくさいけど。(笑)

 だいたい準備が出来たので、ボチボチ着替える。のはちと早いか。(笑)

 でも、皮ツナギを久しぶりに着ると、皮が固くなっていたりするので、ちょっと早めに着てほぐしとく。



8:46 走行5分前

IMG_5316.jpg


 走行5分前を切りました。

 それでは、ヘルメット被って、グローブはめて、タイヤウォーマーを外して、コースインゲートに向かうことにしましょう。


 発電機を停めるのを忘れずにね。



8:509:10 A1

20210320-1.jpg


 定刻の850になって A1クラスの走行が始まりました。

 今シーズン初、4ヶ月ぶりです。

 しかも、ここ3年ほどは筑波の練習走行の回数も減って、3回ほど。

 マシンチェックよりも自分のライディング能力のチェックを重点的に完熟走行をします。
 「ペース遅いね。」
 年々タイムが落ちてきて悲しくなります。

 もちろん、2015年に転倒してケガをして以降、転倒をしないようこれまで以上にマージンを取って走っているのも、タイムが伸びない理由の一つではあるとは思いますが・・・・・。 (^_^;)

 まあ、今日はシーズン初日なので、前半は自分の体の状態のチェック。
 マシンのチェックを確認しながら、走ります。
 前に集団が居るので、付いていく感じで。

 久しぶりのサーキット走行、最初はスピードに目が付いていかないね。

 で、徐々にペースを上げて、最終ラップに7秒7で終了。



9:19 走行後のタイヤ

IMG_5317.jpg


 走行後のタイヤを確認。

 ストレスなく、さらっとした感じで。
 7~8秒くらいで走っているんなら、こんなもんでしょう。
 アクセルの開け方が足らないのは、見れば明白。

 消耗の度合いは、結構 減ってきましたね。
 スリップマークも見えています。

 新品のタイヤを準備してきたけど、今日はもう1本このタイヤで走ろう。
 で、リヤタイヤを見ると結構減ってた。

 このタイヤに交換したのは、2019年の5月なので、もうすぐ2年。
 替え時と言えば、替え時。



9:19 フロント タイヤは

IMG_5318.jpg


 フロントはまだ大丈夫。

 こっちもサラッと。


 それでは、タイヤウォーマーをかけ直して、ガソリンを補給して、2本目の走行の準備をしましょう。



10:01 次の走行の

IMG_5319.jpg


 今日、2本目の走行は 10時5分から。

 5分前になったので、ヘルメットを被って走行の準備をします。


(つづく)

nice!(17)  コメント(2) 

錦糸町で牛カツを食べる。(京都勝牛)【2021年3月16日(火)】 [食べる]


 今日は仕事を休んで、錦糸町にやってきました。

 理由は後述。

 昼前に早々に用事が終わり、社宅に帰る途中。



11:00 錦糸町でお昼

IMG_5276.jpg


 「お昼(昼食)はどうしようか?」

 社宅のある足立区に戻ってから食べようかなぁ~。と思いながら歩いていると、このデカい看板が目に飛び込んできました。
 (北海道ラーメンの方じゃないですよ。)

 ”牛カツ専門店”の看板。

 とんかつのお店は多いですが、牛カツのお店はあまり目にしないですね。



11:00 開店前?

IMG_5279.jpg


 と言うことで、久しぶりに牛カツ食べます。

 お店は2階。

 コンパクトな階段を上がり、店内に入ると・・・・。

 だれもいな~い。 店員さんも居な~い。
 まだ、開店してないのかな?
 (正解は11時からだった様です)


 それじゃ、先に銀行に行って、用事を済ませてきます!



11:29 注文は

IMG_5280.jpg


 用事を済ませて、戻ってきました。(わざわざ)

 さっき、階段を昇っているときに、「牛カツ食べる」にスイッチ入っちゃいましたから。

 店内は、先のお客さんが一人だけで、自分は2人目。

 4人がけのテーブルに案内されて、メニューを。

 注文は、牛ロース カツ膳。

 ”並”にしようか、”大”にしようかと、店員さんに重さを聞こうと思ったら・・・・・、「写真は大になります。」って。

 じゃあ、大しかないじゃん。(笑)



11:30 インストラクション シート

IMG_5282.jpg


 料理が提供されるまでの間、”牛カツの美味しい食べ方”をみて、お勉強。(笑)

 わさび醤油で食べたり、山椒塩で食べたり、ソースで食べたり、カレーつけ汁でで食べたりと。
 半熟卵の京玉は京玉膳(+100円)を頼んでないので、食べられません。



11:33 供される

IMG_5284.jpg


 少し待って、牛ロースカツ膳が運ばれてきました。

 手前には、山椒塩、右奥にはカレーつけ汁が添えられています。

 醤油とソースは、テーブルに備えられているのをお好みで。

 ご飯と赤だし、キャベツはお代わりできます。

 それでは、食べるなり。



 11:34 牛カツは

IMG_5285.jpg


 まずは、牛カツ。

 中はレアーです。 肉の中心部分がちょっと暖かい程度です。

 牛カツの揚げ時間は60秒ほど、と壁に書いてありました。
 しっかり中まで熱を入れる必要がある”とんかつ”とはえらい違いますね。

 下味はほとんどされてないかな。 (味に鈍感なので、不確かです)
 塩や、醤油、ソースとかをつけること前提でしょうね。

 レアーの肉は(当然ですが)軟らかいです。
 
 ただ、パサパサはしていませんが、肉汁があふれてくるような感じではありません。



11:35 ご飯は

IMG_5287.jpg


 ご飯は麦飯。

 麦の量はそんなに多くは無いかな。

 牛タンねぎしの麦の量の半分くらい。(笑)
(あくまでも、主観です)



11:36 わさび醤油が

IMG_5288.jpg


 色々とためしたけど、自分的にはわさび醤油が好みかな。

 牛カツには、とんかつソースは合わない様な。 個人的な好みですけどね。

 いきなりステーキでも、自分は醤油ベースのタレにわさびをつけるのが好みですので。

 山椒塩も美味しいけれど、あっさりし過ぎ。
 肉が、もっと脂っこかったら、一番合うかもです。



11:42 お代わりは

IMG_5289.jpg


 牛カツを半分くらい食べたところで、赤だしとキャベツをお代わり。

 ご飯は・・・、炭水化物は、我慢できるなら、お代わりしない。 (^_^;)



11:48 完食

IMG_5290.jpg


 完食しましたよ。

 いつも通りです。

 完食した写真を撮ろうする前に、店員さんに食器類下げられちゃいました。

 そして、お茶の湯飲みだけ残されました。(笑)



11:51 店の数は

IMG_5291.jpg


 お勘定を済ませて、お店の外へ。

 「美味しかったです。」

 けど、美味しさと値段は店の数に比例・反比例すると、思ってます。

 そう言う意味で、とんかつ屋さんの方が圧倒的に店舗数が多い訳で、牛カツよりもとんかつの方が支持されているんでしょうね。


 「ごちそうさまでした。」



torikama-line.jpg


さて、錦糸町に行った理由は

20210219-1.jpg


 錦糸町にある警視庁の交通執行課に出頭したから。

 2月の19日に足立区内で、写真の”積2t”通行禁止の場所を、仕事で2tトラックで通行したら、捕まりました。 (-_-;)


 この”積2t”って、
 ・積載量が2トンを”超える”トラックが通行禁止なのか、
 ・積載量が2トン”以上”のトラックが通行禁止なのか、
 が問題。



積2t は

RIMG2349.jpg


 溯ること、2月2日。
 北区の仕事先の現場で、この看板。 同じ”積2t”通行禁止の看板。

 はっきりわからなかったので、近くの交番で、”2トン超”ですか、”2トン以上”ですかと、おたずねしました。

 警察官の回答は「2トン超です」とのこと。
 じゃあ、積載量2000kgOKですね。 と言うことで。

 で、上に戻って、足立区で通行したら取り締まりに合いました。

 取り締まりの現場で”2トン超”なのか、”2トン以上”なのか自分では明確に判断出来なかったので、サインを保留しての出頭です。(ちゃんちゃん)

 正解は、”積載量2トン以上通行禁止”なので、道路交通法違反でした。
 ということで、検察庁に書類を送検されましたとさ。(笑)



(おわり)

nice!(16)  コメント(11) 

GROMのフォークオイルを交換(その4)【2021年3月14日(日)】 [バイク]



 GROMのフロント フォークのオイル交換作業を続けます。


 長々とかきましたが、今回の記事で最終回です。

 次回、整備することがあったら、良いインストラクション シートが出来たと思います。(笑)




torikama-line.jpg


14:22 続ける

IMG_5225.jpg


 昼寝から目覚めたよ。
 ちょっと、寝すぎたな。(笑)

 
 2時間ほど放置したら、オイルレベル下がってますね。
 エアーがある程度抜けたみたいです。

 オイルを覗いて見ても、オイル内の気泡は見えなくなっています。

 慎重な人は、エアーを抜くのに一晩置いておくらしいけど。
 自分は、平日は自宅に居ないので、週末の今日中に仕上げないといけません。



14:25 専用工具

IMG_5227.jpg


 ので、エアーは抜けたということにして、オイルレベルの調整をします。

 取りい出したるは、”オイルレベル調整工具”。
 名前、そのまま。
 他に転用のしようが無い道具でございます。
 専用の道具なんてそんなもんです。



14:27 レベルの調整は

IMG_5228.jpg


 で、このドーナツの部分を、フォークの上端に当てて、突き出した部分でフォークの中に突っ込んで、注射器でオイルを抜くことによって、オイル レベルを調整しようとする工具でございます。

 間違いない。

 設定したより多くオイルを抜くことは出来ないし、残っていれば注射器を引くことによって、確実にオイルは抜けます。
 誰がやっても、間違えない優れモノです。(笑)

 で、標準は75㎜。

 まだ、エアーが少し残ってるんじゃないかなぁ~。
 で、気持ち、ちょっとだけエアーが抜ける分として1㎜だけ。
 たぶん1㎜違っても、絶対に気が付かないんだけど、1㎜だけ減らして突き出し量を 74㎜に設定。 自己満足の世界。(爆)



14:27 余分なオイルを

IMG_5229.jpg


 オイルレベルの設定が出来たら、ノズルの先端をフォークの中に突っ込んで、注射器のシリンジを引いて、余分なオイルを抜いていきます。

 こうやってオイル レベルを調整するので、多めに入れて抜いていくのが、調整方法。



14:28 10%くらいは

IMG_5230.jpg


 シリンジを思いっきり引くけど、オイルがね、なかなか入ってきません。
 管が詰まっているかと、思っちゃいましたよ。(笑)
 ここでカヤバのG30Sの硬さを身を持って感じます。

 で、抜ききったら20ccくらい抜けました。

 なので、20ccくらい、10%くらいは今までのオイルが残留していたことになりますね。
 まあ、雑な性格なので、気にしないこととする。



14:31 組んでいく

IMG_5231.jpg


 オイルのレベル調整が出来たので、フォークを組んでいきます。

 ロックナットを15㎜に設定して、フォーク ボルトを取り付けます。


 「おっと、写真撮るのわすれてた。」 (^-^;


 注)記事の中で、メカニックよろしく、偉そうに記事書いてますが、まあ自分素人ですわ。
 真相は 10コマ後に暴露しちゃいます。(笑)



14:31 15㎜で

IMG_5232.jpg


 フォーク ボルトを外して、ノギスを取り出し、ロックナットの位置の写真を撮る。
 マニュアル通り 15㎜で組んでいきます。

 0.01㎜は気にしない。 意味ありません。(笑)



14:32 27.5 Nm

IMG_5234.jpg


 そして、フォーク ボルトの締付け。

 マニュアルを見ると、締付けトルク 27.5 N・m でね。

 って、”27.5”ってなによ、27.5って。

 トルク レンチの誤差って、自分が使っている東日のもので精度は±5%、比較的精度の良いものでも±3%くらいです。
 27.5 の”.5”って意味が無いですよね。
 27 でも 28 でも、いいはず。

 と、大して意味もない事に、絡んでみたりする。

 戯言です。 先に進みます。



14:34 27.5N・mで締める

IMG_5235.jpg


 既に書かれているサービス マニュアルに文句を言っても仕様が無いので、トルクレンチを 27と半分(=27.5)に設定して、ロック ナットを締めていきます。



14:35 フォークボルトを

IMG_5236.jpg


 フォーク ボルトの位置決めができたら、アウターチューブにフォーク ボルトを取り付けます。



14:37 もう1本も

IMG_5238.jpg


 1本組んだので、もう1本も。

 まずはオイル レベルの調整。

 反対側と同じ、74㎜でオイル レベルの調整をします。



14:39 オイル レベルを調整済

IMG_5239.jpg


 オイル レベルを74㎜に調整。

 オイル レベルを調整したのを確認するために、写真を撮っておく。



14:40 こっちも15

IMG_5242.jpg


 こっち側のロックナットの位置も15㎜に設定。

 ピッタリ 15㎜に調整出来て、気持ち良しす。



14:41 順調に

IMG_5243.jpg


 そして、素直に 27.5 Nmで締付け。

 作業は順調に進んでいきます。


 で、2本のフォークの組立が終わったら、ら、ら

 ら、ら、らっ、ワッシャーが1つ余っているじゃありませんか。

 得意げに、記事を書いてきましたが、1本目のフォークを組むときに、ロックナットの上にワッシャーを入れるの忘れてました。
 「はははははっ。」
 笑ってごまかそう。



14:44 やり直し

IMG_5246.jpg


 最初のフォーク、組み直しです。

 と言っても、大した作業じゃないけど。

 フォークボルトを緩めて、フォーク ボルトを取り外して、ワッシャを入れ直します。
 
 よかったですねぇ~。 早い段階で気づいて。

 これが、タイヤまで組んで、ほとんど作業が終わりの頃だったら、グレちゃいますよ。



14:47 バイクに付ける

IMG_5247.jpg


 フォークが組めたので、バイクに付けていきます。



14:50 アンダーブラケットの

IMG_5249.jpg


 まずは、フロント フォークを三又に差し込んで、アンダーブラケットの取付けネジ2本を既定のトルクで締めていきます。



14:51 突き出し量

IMG_5250.jpg


 フロント フォークの突き出し量の、標準の”0”で。

 まずは、標準の設定で乗ってみて、気に食わなかったら、気に入らなかったら、変更することにします。
 (性格的に変更することは、まず無いけどね)



15:00 フォークボルトを

IMG_5252.jpg


 アンダーブラケットの締付けが出来たら、トップブリッジ側のボルトを締める前に、フォーク ボルトをこれも既定のトルクで締付けます。

 フォークボルトは外すときは、モンキーレンチでも出来るけど、締めるときはね。
 出来ればトルクレンチを使った方が(自分は)安心。

 意外に低いトルクでしか締めてないんです。
 12.7sq のトルクレンチの設定レンジの下限近く。

 アウターチューブ自体がアルミ製で肉薄なので、オーバートルクで締め付けるとネジを舐めちゃう可能性がありますね。



15:03 トップブリッジを

IMG_5254.jpg


 フォークボルトの締付けが終わったら、トップブリッジ側のボルトを締付け。

 マニュアルだと、そこそこのトルクで締める様になっているけど、そこまで締め付ける必要はないんじゃないかな。 (自己責任で)



15:15 フォークを取付け

IMG_5258.jpg


 左右、両方のフォークの取付けが出来ました。

 どんどん戻していきます。 ネジが余らないように気を付けながら。(笑)



15:20 フロントタイヤを

IMG_5260.jpg


 次にフロントタイヤを取付けます。

 GSX-Rのフロント フォークをオーリンズに交換したときに、スレッジ コンパウンドを買ったので、固着防止にアクスル シャフトのネジの部分に塗布して組んでいきます。



15:21 ジャッキを外す

IMG_5261.jpg


 フロント タイヤの組付けが終わったら、ジャッキを外します。

 ホントはフロント スタンドがあった方がイイんだけどね。
 GROMにあんまりお金かけられないし・・・・・。



15:22 ブレーキ キャリパーを

IMG_5262.jpg


 タイヤが付いたら、次はブレーキよ。

 パッドの残量をチェックして。 
 ぜんぜん問題ないですね。

 パッドを外して掃除をしたいところですが、今日は止めておく。
 掃除を始めるとキリがないから。

 軽くエアーを吹いて、パッドカスを飛ばして、今日は終了。



15:26 写真を撮って

IMG_5264.jpg


 キャリパーの取付けボルトもトルク レンチを使って。

 写真に撮って、締付け忘れの防止の確認。

 基本、自分の作業、信じてませんから。
 さっきもワッシャーを組むの忘れていたしね。(汗)



15:27 にぎにぎ

IMG_5266.jpg


 キャリパーを取り付けたら、ブレーキレバーをにぎにぎして、フルードを送っておきます。
 じゃないと、ブレーキの一発目にスカッと、空振りしちゃうことが・・・。(-_-;)

 自宅の前は下り坂なので、スカッと空振りしちゃうと、結構怖いと思うよ。 他人事じゃないけど。



15:29 ハンドルを戻す

IMG_5267.jpg


 ブレーキ キャリパーを取り付けたら、ハンドルを元の位置に戻します。

 ハンドルの位置を決めたら、 ホルダーのボルトを前→後の順番で締付け。



15:38 部品は余って・・・・

IMG_5269.jpg


 ハンドルを固定したら、トップブリッジのボルトを緩め、ブレーキをかけてフロント フォークを2~3回ストローク。
 フォークのよじれを取ってから、もう一度トップブリッジのボルトを締付け。

 その後に、フロント フェンダーを取付けて・・・・。

 部品、余ってないよね。

 大丈夫でした。(笑)




15:40 長かった

IMG_5270.jpg


 フロント フォークのオイル交換作業、終了です。

 記事、長かったね。 (笑)

 それでは、使った工具を仕舞います。



15:58 試し乗り。

IMG_5272.jpg


 夕方前、ちょっと早めに作業が終わったので、早速試し乗りに出かけます。
 ご近所にね。

 
 で、インプレッション。

 ダンパー、効く様になりました。
 大きな動きにはイイ感じです。
 けどね。 細かい振動は増えた。
 ダンパーが硬いから吸収してないんだろうね。
 気にしなければ、気にならないレベルなので良しとしますが、街乗り用だとすると、ちょっと硬いかな。



16:53 立石公園

IMG_5273.jpg


 横須賀市の西側、相模湾に面する立石の駐車場までやってきました。

 相模湾越しの富士山を撮影する絶景スポットです。
 今日は、右斜め前方にうっすらと姿を表しています。
 自分も正月の記事に写真を撮ったりするけど、今日は空気の透明度が低くて、イマイチですね。
 
 バイクを置いて写真を撮ったけど、黒くつぶれてバイクが置いてあるのがわからない。(笑)

 ここ立石公園の駐車場は県営。
 で、今時めずらしい無料。
 夜間は閉鎖されているので放置は出来ないけど、週末は結構満車になって、路上に駐車待ちのクルマが並んじゃいます。
 ので、そのうち有料に変わっちゃうんじゃないかな。



16:53 撮り直し

IMG_5274.jpg


 撮り直してみた。

 今度は、バイクが写ったけど、明るすぎ。
 上の写真の方が雰囲気はイイね。

 この後、走り終わって、自宅に戻って確認するとサスペンションがあまりストロークしてませんでした。
 底付きすると残りが16㎜くらいらしいので、油面はもう少し下げた方がもっとストロークを使えてイイかも。
 でも、まだ街中しか走ってないので、判断は峠道を走ってからかな。
 たぶん、めんどくさがりなので、変更はしないだろう。


(おわり)




 最後まで、長々とお付き合いいただきありがとうございました。 <(_ _)>

nice!(17)  コメント(4) 

GROMのフォークオイルを交換(その3)【2021年3月14日(日)】 [バイク]


 GROMのフォークオイルの交換作業、続けます。
 備忘録です。


 ほとんど、フロント フォークしか出てきません。 (^_^;)



12:54 気泡が抜けてる

IMG_5217.jpg


 昼食を食べて、ガレージに戻ってきました。

 さて、新しくオイルを充填した方のフォークを覗いてみると、気泡が抜けてます。
 オイルの高さはほとんど変わってないけど。

 もう一本のフォークもオイルを入れちゃいましょう。



12:55 固定


IMG_5219.jpg


 フォークのアンダーブラケットを万力で挟んで固定。

 やっぱり万力は必要だわ。
 フォークオイルを注入するのに集中できます。

 やっぱり万力の重さがギリギリで、安定度がイマイチです。
 20kgくらいあった方がイイですね。
 それ以上重いと、移動するのに大変です。



12:56 計る

IMG_5220.jpg


 反対側のフォークも220cc計って、注入しちゃいます。

 メス シリンダーが無くても、入るだけ入れちゃえば良いんだろうけど、それだとどれだけ入ったかわからないので、ちょっと不安ですよね。

 なので、目安で計ってから入れた方がイイです。



12:57 エアーが

IMG_5221.jpg


 オイルをギリギリまで入れたら、フォークを伸び縮みさせて、ダンパーにオイルを行きわたらせます。

 オイルを入れただけじゃ、エアーが抜けないですね。
 気泡が写っています。



13:03 しばらく放置

IMG_5222.jpg



 何度かに分けてフォークオイルを注入。

 その都度、フォークを伸び縮みさせて。

 ほぼ規定量の220cc入りました。

 ので、ゴミが入らないようにラップして、このまましばらく放置します。


 それでは、続きは昼寝の後で。(笑)




 昼寝中。 (笑)




 (-_-)zzz



torikama-line.jpg



 3話で終わりにしようと思っていたんですが、終わりませんでした。
 次回で終わりにします。

nice!(16)  コメント(0) 

GROMのフォークオイルを交換(その2)【2021年3月14日(日)】 [バイク]



 週末の買い出しから帰ってきました。

 GROMのフォークオイルの整備記録が続きます。



11:02 万力を

IMG_5193.jpg


 食材の買物ついでに、横須賀市内にあるアストロ プロダクツにいって、買ってきちゃいました。

 ”万力”。 第三の手。(笑)


 また、工具を増やしてしまったぜ。 (-_-;)
 (このオヤジは何歳までバイクをいじるつもりなんだろうね?)

 以前から欲しかったんですが、切羽詰まった要件が無かったので、先延ばしにしていました。
 このまま一生買わずに、逃げ切れると思ったんですが・・・・・。

 どうせ買うことになるんだったら、早い内に買っておけばよかったと思います。
 どうせ、一生モノの道具ですから。



11:05 活用

IMG_5194.jpg


 早速、活用。

 こうやって使う。

 これで、手が3本無くても作業が出来る。



11:05 フォークボルトを外す

IMG_5196.jpg


 そして、フォークの上端にあるロック ナットを緩めてフォーク ボルトを外します。



11:06 位置が

IMG_5197.jpg


 フォークボルトを外しました。

 「んっ?」

 何も考えずに、何となくロック ナットを緩めちゃったけど、このロックナットの位置って、フロント フォークの全長を決めるので、位置が決まっているんですよね。

 何となく、正規の位置と違っていた様な?



11:13 一番下で

IMG_5198.jpg


 もう一本のフロント フォークはバラす前だったので、ロックナットの位置を確認。

 ロック ナットがネジを切ったてある一番下の位置のちょっと手前で止まってます。

 たぶん、ネジ山が5㎜くらい余るぐらいで、ナットをロックするのが標準の位置じゃないかな?

 このロックナットの位置で、フォークのスタッティックな状態での長さが決まってくるので、これだと前下がりになっちゃいます。

 このフォーク、一度バラシてますね。 たぶん。

 それで、セッティングを変更したか、マニュアルを見ずに一番奥までナットを回してから、ボルトを取り付けたかしてますね。
 ユーズドの車両だと、こうゆうことは得てして”あるある”ですね。



11:14 19㎜でした

IMG_5201.jpg


 フォークボルトを外して、ロックナットの位置を測定したら 19.02㎜。

 ノーマルよりも4㎜短くなります。

 意図としてやったか、知らずにやったかは、わかりませんが・・・・・。

 ただ、いくら東南アジア品質だと言っても、新車で工場から出荷された時からからこの状態だったとは、考え難いですよね。



11:16 マニュアルでは

IMG_5204.jpg


 マニュアルでは、ロックナットの位置は 15㎜ になっていますよ。



11:16 フォークボルトは

IMG_5203.jpg


 フォークボルトの取り外しができました。

 ばらしたのはフォークボルトとスペーサーとロックナット。

 フォークオイルを抜くときに、油まみれになったので、パーツ クリーナで掃除しておきましょう。



11:21 ばらせない

IMG_5206.jpg


 フロント フォークの下端(ボトム)部分。

 普通のフォークだったら、この奥でボルトで止めてありますが、GROMの場合、コスト ダウンのためか、ネジは無くてばらせないようになっています。


 ※ ばらそうと思えば、ばらせますが、専用の工具は必須。
   専用工具はサードパーティーから販売されてます。



11:21 万力は

IMG_5207.jpg


 取り急ぎ買ってきた万力は、ちょっと小さかった。
 と言うよりも、大きさはまだしも、軽かった、重さが足りない。

 10kgくらい。

 もっと重いのが欲しかったんだけれど、在庫が無くて取り寄せになるって。

 この重さだと、GROMのフロント フォークで一杯一杯。
 CBRとかGSX-Rのフロント フォークだと、重さでズッコケちゃいそうです。

 なので、あとで下部にH型鋼か何かで、重りを足してやらないとです。


 前もって計画的に買っていれば、こうゆうトラブルは避けられましたね。(-_-;)



11:25 抜けたオイルは

IMG_5208.jpg


 今まで入っていたフォーク オイルも抜けてきましたね。

 今回は、全部バラさないので、オイルは全部抜け切らないです。

 ここまで 2,000kmちょっと走行しましたが、フォークオイル交換してるんじゃないかな?



11:25 交換してる?

IMG_5209.jpg


 2,000kmなんて短い距離でフォークオイルを交換したことがないからよくわかなないけど、全然汚れてないし。
 新車のときから入っていると、初期当りが出るときに結構汚れるもんじゃないかな。

 そして、標準で入っている推奨のフォークオイルは確か10Wで粘度は35くらい(単位がわからん)。
 で、今回のカヤバのG30S 116くらい。

 純正の方が1/3くらいの硬さのハズだけど、そんなに差がないような???
 素人が指で触った程度なので、わからないけどね。



11:25 新しいオイル

IMG_5210.jpg


 新しく入れるオイルを準備します。

 前回の記事にも書いたけど、カヤバの G30S

 硬い、粘度で言うとノーマル推奨の3倍くらい硬い。

 ネットとかで見ていると、とても硬くて、はちみつみたいに硬いんじゃないかと想像してたけど、そこまでじゃなかった。

 ボトルを揺さぶった感じでは、「普通のフォーク オイルとそんなに変わらないんじゃない?」と思うくらいでした。



11:28 計量

IMG_5211.jpg


 それでは、開封して。

 メスシリンダーに計量します。

 フォーク片側あたり、約220ccの容量だそうで。

 ボトルが600ccなので、1本でフォーク2本分足ります。
 リーズナブルです。



11:28 多めに入れて

IMG_5212.jpg


 全部バラシてないので、残留分がかなりあると思うけど、220ccを計量。

 フォークオイルは多めに入れておいて、抜くのが作業の基本なので。

 エンジンオイルとは逆です。



11:29 注入

IMG_5213.jpg


 メス シリンダーに計量したら、フォークに入れていきます。

 ピント、ずれてますね。

 デジカメの液晶モニターだと、ピントが合ってるか、よくわからないんですよねぇ~。 とデジカメの性にしておこう。(笑)



11:38 オイルを回す

IMG_5214.jpg


 フォークオイルは一遍には入らない。

 中のダンパーにオイルが回らないから。

 なので、オイルのギリギリまで入れたら、フォーク(ダンパ)を動かして、オイルを回してあげます。
 最初、ダンパーにオイルが回ってないので軽くストロークしますが、オイルが回ってくるとダンパーが効いてストロークが重くなります。
 オイルが回り始めて、ストロークが重くなり、とても重くなり、「やっぱりこのオイル、硬いや」と認識。



11:38 全量入れる

IMG_5215.jpg


 220cc、全量入りました。

 オイルの中に気泡がたくさん入ってます。 (_;)

 まっさらな新品に規定量を全部入れたら、オイルはアウターチューブから75㎜の位置になるのが正解。
 ですが、今オイルは、アウターチューブのギリギリまであるので、その分は今まで入っていたオイルの残留分でしょう。
 自分の持っているCBR600とかGSX-Rの場合、スプリングが取れるので、スプリングを抜いた状態でオイルレベルを調整します。
 でも、GROMの場合、スプリングが一体になっていて取れないので、スプリングが入った状態で、オイルレベル 75㎜。
 フォークスプリングって、オイルが結構付着して残ったままなんですよね。



11:41 一旦中断

IMG_5216.jpg


 片側のフォークが終わったので、もう反対側も。 と思ったんですが、昼食の時間が近くなったので、片側だけでまた作業を中断。

 日曜大工じゃなくて、”日曜整備”なんでね、家庭の事情。 家のスケジュールが最優先です。(笑)

 オイルを充填したフォークは、ゴミが入らないようにラップをして、エアー抜きを兼ねて、放置しておきます。
 絶対に倒さないように、注意ですね。

 続きは、午後です。


(つづく)

nice!(18)  コメント(0) 

GROMのフォークオイルを交換(その1)【2021年3月14日(日)】 [バイク]


 冬はGROMネタ。

 ですが、3月も中旬になり、寒さもかなり緩んできたのを感じます。

 でも、今週も先々週に引き続き GROM いじります。



8:44 この週末もいじる

IMG_5166.jpg


 今回の記事は長々と書くつもり。

 なので、3部作くらいに分けて書こうかなと。

 それでは、”その1” 始めます。



8:45 ガレージの中で

IMG_5167.jpg


 今日はタイトルにもあるように、フォークオイルの交換をします。

 フォークオイルを交換するときは、フロント フォークを取り外さないと出来ません。

 ので、普段の様に青空ガレージでやっていると、長い時間バイクを動かすことが出来ない状態で、路上に放置することになるので、作業は(狭い)ガレージの中でやります。

 作業がしやすいように、まずはGROM の方向を変えます。

 ガレージの中での作業は、真冬だと寒すぎます。
 寒さが緩み始めた、今頃からがちょうどイイ気候です。
 逆に夏は蒸し暑くてたまりません。



8:48 フォークオイルは

IMG_5168.jpg


 前々回のリヤサスペンション交換の記事のときにも少し書きましたが、GROMのフロントサスペンションって貧弱です。 (個人的な意見です)
 一般的に減衰力不足とよく言われてます。(個人的な意見です。)
 下りコーナーで路面が荒れいたりすると、サスペンションが吸収しきれなくて、ブレーキングが出来ません。 下手にブレーキングするとアウト側に一直線。(個人的な意見です)

 なので、何とかしたいなと。

 で、世間で良く行われている様なのが、フォークオイルを交換。

 フォークオイルを硬いのに入れ換えて、減衰力を上げてと言う”たくらみ”です。

 で、交換するのはカヤバの G30S。(オイルを換えるのは自己責任で)

 市販されているフォークオイルでは、結構硬い方。みたいです。



8:50 フォークオイルを交換するには

IMG_5171.jpg


 フロント フォークのオイルを交換するには、基本的なところからおさらい。

 フロント フォークのてっぺんにある、キャップ ボルトを外して、そこからオイルを抜きます。
 ので、フロント フォークを逆さまにしないと、オイルは出てこない。

 なので、バイクをひっくり返します。
 んな、馬鹿な。
 バイクひっくり返したら、ガソリンもオイルも漏れてきてしまいます。

 ので、フロント フォークだけひっくり返す。

 そのために、フロント フォークを取り外します。

 フロント フォークの下に、エンジンみたいにドレンボルトがあれば、簡単にフォークオイルが抜けたりしないのかな?



8:50 作業開始

IMG_5169.jpg


 それでは、作業開始します。

 まずは、作業手順の整理。

 フロント フォークを取り外すには、
 ① フロント フェンダーの取り外し
 ② ブレーキ キャリパーの取り外し
 ③ フォーク ボルト を緩める
 ④ フロント タイヤの取り外し
 そして、
 ⑤ フロント フォークの取り外し
 です。

 それでは、作業開始とな。



8:58 まずは

IMG_5170.jpg


 で、まずは ① フロント フェンダーを外して、
 ② ブレーキ キャリパーを取り外しました。

 ブレーキ キャリパーはブレーキ ホースに無理な力がかからないようにヒモで吊っておきます。



8:58 フォーク ボルトを緩める前に

IMG_5172.jpg


 で、次。 

 ③ フォーク ボルトを緩める。

 ですが、フォーク ボルトを緩める前に
 まず、パイプ ハンドルが邪魔です。

 フォークボルトの頭に、ソケット レンチが入りません。



8:59 トップブリッジのボルトを

IMG_5173.jpg


 そして、フォーク ボルトを緩める前にもう一つ。

 トップ ブリッジのボルトを緩める。

 トップ ブリッジのボルトが締まったままだと、フォークボルトを締め付けている形になるので、フォークのナットによろしくありません。

 ので、フォーク ボルトを緩める時は、先にトップブリッジのボルトを緩める。のを忘れないでね。
 締める時は、この逆で。



9:01 ハンドルを

IMG_5174.jpg


 トップブリッジのボルトを緩めたら、ハンドルを固定しているホルダーを緩めます。
 ハンドルを戻すときに、位置がわかりやすいように、マーカーペンでマーキング。

 ハンドルバーは全部外す必要はなくて、フォークボルトにソケットレンチがセット出来ればいいので、片側だけはずして、もう片一方は緩めるだけで、ハンドルバーをずらせば出来ますね。



 9:02 ホルダーには

IMG_5175.jpg


 ホルダーにはポンチ マーク。

 これが前。

 で、取り付けるときは、こっちを先に締める。



9:04 フォークボルトを

IMG_5176.jpg


 ハンドルをずらして、トップ ブリッジのボルトを緩めているのを確認したら、フォークボルトを緩めます。

 フォーク ボルトは二面幅が36㎜の特大ボルト。

 たまたま GSX-Rのリヤのアクスル シャフトが同じだから持ってたからいいけど。
 グロムのためだけに買うんだったら、ちょっとためらっちゃうよね。(笑)

 締付けトルクは全然大きくないし、もう少しサイズの小さいボルトにしてもらった方が、ありがたいなぁ~。



9:10 タイヤを

IMG_5179.jpg


 フォーク ボルトを緩めたら、④ タイヤを外します。



9:11 アクスル シャフトは

IMG_5181.jpg


 GROMのフロントのアクスル シャフトって、ピンチボルトを使ってないんだね。

 ゆるみ止めも、ロックナットのみ。
 と、シンプル。

 アクスル シャフトを抜く前に、当然だけど、フロント タイヤ側をジャッキアップしておこう。



9:15 フロント タイヤ

IMG_5182.jpg


 フロント タイヤ 外しました。

 普段見慣れている CBR600RRGSX-Rと比べると、華奢(きゃしゃ)。

 メンテナンスするには、軽くて楽だけど。

 ブレーキのディスク盤も薄いので、ぶつけて曲げたりしないよう気を付けないとね。



9:16 フォークのボルトを

IMG_5183.jpg


 フロント タイヤまで外したら、フロント フォークを押さえているのはアンダーブラケット(三又)のボルト2本とトップブリッジのボルト1本だけ。

 緩めていきます。

 緩めるとき、気をつけなきゃいけないのは、フォークを押さえておかないと、緩んだ瞬間に、フロント フォークがズルっと落ちること。
 なので、最後のボルトを緩めるときは、フロント フォークが落ちないように、手で押さえておこう。
 (かつて、ズリ落とした経験が物語る。)(笑)



9:19 外したフォーク

IMG_5184.jpg


 外したよ。

 左右のフロント フォーク。



9:19 ジャッキアップ

IMG_5185.jpg


 フロント フォークを外しちゃうと、こんな感じ。

 リヤタイヤとサイド スタンド、後それにジャッキ。

 この状態で、路上で青空ガレージじゃ、流石に遠慮しちゃいますよね。(笑)

 後、エンジンの下にジャッキかますのは、お勧めしませんよ。
 自己責任でね。



9:20 フォークボルトを外す

IMG_5188.jpg


 フロント フォークが単体になったところで、フォークボルトを緩めます。

 この状態で外すので、前もっと緩めておかないと、外せません。

 下手にフロント フォークのアウターチューブを(万力とか)工具で挟むと、アウターチューブが変形しちゃいますから。



9:23 インナーチューブは

IMG_5189.jpg


 フォーク ボルトを外すと、アウター チューブはフルストローク出来ます。
 普段ストロークするすることのないところまで。

 で、インナーチューブのこの部分に汚れがあったりすると、ダスト シールを痛めるので注意です。
 自分のGROMは、内側の普段見えない部分に点サビが出てました。
 うっかりしてましたけど、ユーズドだから仕方ないですね。

 で、この点サビは、まだ初期だったので、コンパウンドを使ってほとんど落とすことができました。



9:32 キャップが

IMG_5190.jpg


 フォーク ボルトを緩めたところで、ひっくり返してフォークオイルを抜いていきます。

 本当は、青丸のところのキャップを外したいんだけど、が外せません。

 理由は、フォークボルトとロックナットを緩めないと外せないから。 なんですが、外した瞬間にフロント フォークを倒す可能性大。

 手が3本あったら外せるんですけどね。

 手は3本無いので、普通は万力を使う。
 で、万力持ってませんので。 (-_-;)



9:38 ダストシールが (T_T)

IMG_5191.jpg


 そして、反対側フロント フォークも。

 ダスト シールの赤丸のところ、筋が入っているなぁ~。 と思って、デジカメで接写してみたら、切れてたね。 残念。

 嫌なものを見つけちまったぜ。


 この程度だと、たぶん大きなトラブルにはならないでしょう。
 今日は、部品が無いから、このまま組んじゃいます。

 今度、時間があるとき(来年?)に、部品を注文して交換ですね。



9:39 オイルを抜く

IMG_5192.jpg


 フロント フォークをひっくり返して、ストロークさせるとフォーク オイルが出てきました。

 入っていたフォークオイルは赤だった。

 パッと見、血みたいで怖い。(笑)

 フォークをぶっこかさないよう、気を付けよう。


 さて、週末の買い出しに行く時間が近づいてきたので、ここで作業は一旦終了。

 このまま放置して、フォークオイルが抜けるのを待ちます。


(つづく)








nice!(17)  コメント(2) 
前の10件 | -